様々な人と出会える場所

時代とともに物事は変化していき、これは人間関係においても同様だと言えます。
江戸時代までさかのぼってみれば、農村などでは個人で生きていくのは困難であり、生きるために村という共同体が作られました。
町でも同じようなもので、トラブルが起こった時に一人では対応できないケースが多く、普段から密接なつながりを作り上げておくことによって、困った時に助けを求められますし、手を貸す場合もあります。
これは昔だけではなく現代でも同じように考えられますが、求めに対する対価が労力ではなく対価となっていき、それによってあえて深い関係性を築く必要がなくなったとも言えるわけです。

人と人のつながりが目に見えて希薄になってきたのは高度経済時代から平成にかけてとなり、人々の豊かさに変化が生まれてきたからです。
それまでは炊事や洗濯をするためには井戸を利用しており、各家庭にあるわけではなく共有で使っていたので、自然と人間関係が深まっていきます。
知らない相手に命の源である水源を使わせるわけがありません。
自然とご近所同士につながりができて、そこから各家庭についての情報交換となり、特に気にすることなく日常の会話として自然と周辺の家族構成について知るようになるはずです。

また振り返ってみれば他人同士ではなく家族間でも、高度成長期以前と後では会話の時間が減っていて、一緒に暮らしているのに顔を見ない日もあるといったケースも今ではあります。
理由の一端は家電製品の誕生で、テレビがなかった頃は暇つぶしも兼ねておしゃべりをするのが普通ですし、ゲームに興じていた家庭もあるかもしれません。
コミュニケーションが活発だったとも言えて、ここにテレビが加わることで話し声がうるさくなり喋らなくなります。
ゲーム機さらにゲーム機やパソコン・スマートフォンが登場すれば、それぞれの楽しみに集中して会話をする暇がなくなってしまいます。

電化製品の登場によって楽しみの幅が広がって、他人同士のつながりだけではなく家族間でも同様の状態となっていきます。
現代と昔の違いは娯楽が増えたことで、他者と話をしなくとも時間を消費できる、暇つぶしができるようになりました。
また自分で対処できない内容に関しては人の手を借りるのではなく、金銭を支払うことで対処できるようになり、関係が薄くとも問題なく暮らせるようになってきています。
ただ完全につながりが途絶えたわけではなく、逆に新しい関係も生まれてきているのが特徴です。

昔は密接なつながりがあった

現代から振り返ると昭和の時代は人と人とのつながりがあった、地域に温かさがあったと感じられます。
実際に密接な関係があり、調味料が切れた時は気楽に隣の家に行って借りた、そういった光景がどこでも見られました。
隣同士だけではなくご近所内でも可能であり、そこにあったのはそれぞれの信頼であり、温かさであったはずです。
調味料というのは口にいれるものであって、借りた時はボトルごとが一般的で、信用できない相手には貸すことができません。
こういったケースを見れば地域内に確かな信頼性が築かれていたと分かり、子供がのびのびと遊べるのも安全性が確かだったからです。

昔のご近所付き合いは子供の成長にも大きく関わっていました。
親だけではなく地域全体で見守るという行動に繋がり、防犯面の安全は現代よりも低かったですが人の目によって不審者は警戒されて、トラブルは少なかったと言えます。
それぞれの距離感が近かったのですが、それが鬱陶しいと思っていた人もいるはずです。
何事もメリットとデメリットがあり、そもそも今は調味料が切れても24時間営業のコンビニが近くにあるので、借りるよりも購入という方法を選びます。
便利になると同時に他者の必要性がなくなり、その結果として関係性が希薄になってきたと考えられます。

インターネットによる新たなつながり

しかし人がつながりを求めなくなったわけではなく、時代による変化はある意味で地域という狭い範囲を飛び越えて、世界中が回線を通して繋がるようになりました。
電話はもちろん、インターネットの登場によって自宅に居ながら海外の人間とコミュニケーションをとることができるようになり、これはとても大きな変化と言えます。
インターネットを利用する女性ネット越しなど本当の人間関係ではないと思う人もいるかもしれませんが、パソコンやスマートフォンというデバイスを通して会話をする、これも一つの交流です。
以前は遠い場所だと思われていた世界との距離感が縮まり、行おうと思えば誰でもできるのは魅力と言えます。

身近な人々との関係は希薄に感じられるかもしれませんが、世界中と繋がれるようになった、ネットという媒介を通して密接なつながりを築いている人は多いです。
ネットに関してはさまざまな意見があるかもしれませんが、新しい関係性やつながりが生まれているのは確かで、積極的に活用することによって出会いも生まれていきます。
友人だけではなく恋人、結婚相手もネットで知り合ったという人も多くなっているので、時代によってつながりは変化していると言えます。